歯と口の健康週間(6月4~10日)

1958年(昭和33年)から厚生労働省、文部科学省、日本歯科医師会が実施している週間です。
「歯の衛生週間」が変更され、2013年から「歯と口の健康週間」という新しい名称になりました。
国民に対する歯科衛生思想の普及運動として昭和3年6月4日に「ムシ歯予防デー」の名称で始まりました。
2019年度は「いつまでも 続くけんこう 歯の力」の標語のもと、全国各地で地域住民参加型の各種啓発事業を展開します。
歯並びや噛み合わせは、大丈夫でしょうか?ご家庭でも、お口の中の健康チェックを致しましょう。

しっかり噛んで美味しく食事を頂けば、身体の血となり肉となり、
勉強やスポーツなどの頑張る力や集中力にも大きく影響します。

矯正治療は、お口の中に装置が入るので新しい生活習慣に慣れるまでしばらく時間がかかります。
学校での健診から歯並びの相談をしたいとお考えの方や検査を受けたいとお考えの方は、
検査も歯型やレントゲン写真などをもとにデータをとり細やかな分析をするため、
結果が出るまでにかなりの日数を必要としますので早めの受診をお薦めいたします。
どうぞお気軽にお電話ください。